公共の電波で

公共の電波を使い女性専用車の宣伝をさせた番組が有るらしいですね

まぁ報道ステーションでハム党ですが

うん、とりあえず死ね
公共の電波で憲法違反をしてる政党がこれまた憲法違反を推進するな

貴様らなら山手線に飛び込んでも許す

どこにすればいいのやら。

以前公明、幸福実現党が政教一致ではないのではないだろうかとどこかに問い合わせてみたくなったことがある。
でもどこに問い合わせればよかったんだろうなぁ。
選挙管理委員会かね、その関係省庁かね、警察かね。
まぁ今は様子見ですけどね。
憲法20条に政教分離であるとあるのをどう捕らえているのか気になりますが。
まぁ同じでないと言い張ってしまわれればどうしようもないですが。
国にもっと動いてほしい。
欧州ではカルト関係者は公務からはずされるらしいですね。
ここで日本の教育委員会はどうなのだろう。
教員免許発行はどうだったかなと考えましたが確か教員免許に関しては反社会組織に関わっていたら取得できなかった気がするんで問題ないのかな。
なんにしろもっと動いてほしいものだ。
テレビ関係の芸能人や芸人にも学会員が多すぎる気がする。
確かに宗教の自由というものがある。
しかし話が変わるが同時に言動の自由というものもあったはずだ。
なのに反対活動に妨害する、しかも警察がである。
これはおかしいのではないだろうか。
専用車や痴漢騒ぎのときもそうだろう。
痴漢の場合まず、加害者とされる側が男性であればまず意見を聞く耳を持たないだろう。
しかしここあった問題は解決されていくのだろうか。
警察も痴漢冤罪というものがあった以上捜査を変えて行くのではないだろうか。
専用車のときもそうだったまず私の意見を聞こうとしなかった。
まったく聞こうとしなかったわけではなかったけれどもおそらくあまり気にはしていなかったであろう。
専用車抗議活動時はいいとしても(あまりよろしくないが)、少なくとも痴漢捜査のときは方法を変えていただきたいものだ。

裁判などでの女性の扱い方、新聞などでの女性のみ名前を公表しないなどにも何か思うところがある。
ここでの扱い方とは判決などのことを示すものとする。
今回騒がれている薬物問題。
しっかり平等な裁判にしていただけなければおかしいものである。
ちゃんと男のほうも女のほうも平等な判決を下してもらわねば。
騒音おばさんとしわれてしまったものもあった。
あれはどうやら学会員が関わっているという話も聞いたことがある。
本当ならば厄介な連中だ。
先述のように新聞、ニュース、雑誌などで男性だけ名前を出すというものもある。
これは学会員は関係ないであろうが男性差別であろう。
このような差別をなくした社会になることを望んでいる。
専用車なんてもってのほかである。

さて、気になることが。

さて今度大阪へ出向くことになりました。
正確には神戸ですかね。
そこで気になることが。
はて、どの程度専用車は広がっていたかなと。
確かピンクの中間車がある大阪市交御堂筋線では終日だったかなという記憶もありますが。
ただ平日かはわからないんで掲示の確認ですかね。
その辺をみてこれたらいいなぁと考えてます。
まぁ時間があるかわからないですけれども。
あとは名古屋も行く予定がありますが残念ながら平日に当たらないような気もするのでこちらもそれに関する掲示を確認してこようと思います。
これも時間があるかわからないんですけれども。

反対活動とその妨害

さて、何気なく創価及び公明批判のキャンペーンとポスティングの妨害動画を見て警察の配置数や妨害活動をみて見たがひどいものがあるだろう。
他にやることはないのかね。
おかしいだろうあんなに配置はいらないだろうに。
しかし監視かはわからないけどまぁ仕方がなく仕事だからと来ている人もいるだろうからどうこうは言えないですが配置する上が悪いのでしょうかね。
やはりその辺は配置した当局しかわからないですがどうにかしてほしい。
不正を働いている公明、創価及び幸福の科学、幸福実現党。
あなた方は政教一致してしまっているのではないでしょうか。
政教分離というものがあったはずですよね。
その辺をしっかり考えていただきたい。
まぁ逃げるとすれば[あれは別団体である]などといって逃げるだろうでしょうけれども。

あまり大きくは書けないでしょうが選挙で票を入れる政党を考える必要があるでしょう。
人の意思に入ることはできないですがよく考えていただきたいとおもいます。

しかしあれかな。
消費税をなくすといっているがその分を宗教税でも作るのかな。
それだとありがたいよね。
まぁ自分たちの首を自分で絞めることになるんだけどね。
残念ながら撤退はしないようですがどうなんですか。
教えていただきたいものです。